対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

藤井システム△6三銀型で△6五歩には

藤井システム△6三銀型で△8五桂には

角をどこへ逃げるか

△3二飛型には

実戦を逆側から見た場合。

中飛車の振り方

桂跳ねの攻めには

銀を出ずに桂を跳ね出したところ。

お互い囲い合って

中飛車の分岐点。どう指すか。

居飛車持久戦に

居飛車が▲7七角と上がったところ。持久戦を明示する手だがどう指すか。

飛車か歩か

ゴキゲン中飛車の最序盤。

対藤井システム、中央で受けてから

藤井システム+△4四銀

4四銀で中央へ攻め駒を足す手には。

藤井システムの仕掛け2

▲7八金を上がっているので条件はいいが、角筋は止めづらい。

藤井システムの仕掛けには

藤井システムの仕掛けに対して。ピンチだがどう受けるのが良いか。

ひと目の手筋

石田流角交換型で▲7七銀に

実戦詰めろ逃れ

どうすれば助かるか。

詰み逃し…

詰むとわかっていれば易しい。

角の覗き

遊んでいた角を覗いて急所の金を狙う手には。

金銀が遊び駒

駒損して小駒で攻められる展開が見えているが。

飛車交換後

先手四間飛車VS後手居飛穴から、変わった展開で飛車交換に。 見事な両取りをかけられているがどう指すべきか。

桂打ち

ぱっと見あまり良くなさそうな桂打ちだが。

角交換型8筋逆襲で歩を持った時

先手中飛車に珍しい位取り拒否。角交換後、8筋を逆襲したところ。 2歩と角があると成り立つ手筋。

振り飛車の押さえ込み

金銀交換でほんの少し駒得しているが飛車角が押さえ込まれそうな局面。

ノーマル四間での対急戦

ノーマル四間、相腰掛け銀で先手から歩を突かれて角道を開けさせられそうなところ。

チャンスは

二枚飛車だが自陣は手薄。

居飛穴へ角桂の攻め

守るか攻めるか

飛車を取りきったが自陣はと金を作られて攻め込まれている局面。

控えて打つ

▲1一角成と成り込んだあとの継続手。 △1一香と打たれる前にどうにかしたい。

桂を起点に

居飛車が桂を起点に押さえ込む手が見えるが、どう指すか。

桂跳ねで角を狙う仕掛けに

桂跳ねで角を狙われた場合。ケースバイケースなのでよく読んで判断する。

5筋の突き返しには

5筋を突き返されたところ。同歩と取れば角交換になる。