対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

角換わりは終盤勝負

終盤なので符号はそのままで。

対角換わり棒銀△5四角▲3六角で玉を移動した場合

相手が玉を移動させて王手飛車のラインから逃げた場合、どうするか。

忘れたころに対角換わり棒銀△5四角▲3六角

定跡を忘れたころにやってくる角換わり棒銀。 先手一手損で実質後手正調角換わり。なので符号は先後逆で定跡に合わせて記載。 △5四角と定跡どおり打ったら▲3六角と打ち返された場合、△同角▲同歩。 このあとどうすべきか。

自玉と相手玉と

好調に攻めているが。

攻め込まれても

馬が近寄って怖い局面。△8八銀には▲同金と取れるので怖がらない。

振り穴+独走銀

角交換後、独走銀が近寄って来た場合。相手の狙いは角と銀での攻めだが。

相穴熊での角交換

いきなり序盤に角交換を挑まれたケース。

詰めろを受ける

攻めるか受けるか

金を狙う桂打ち

桂2枚持ったら

さんざん繰り返してます

早い仕掛けからの手作り

居飛車が早く仕掛けてきて角銀交換になったあと。▲5四飛で良いか。

先手中飛車 早い仕掛けには

後手が△3二玉を入れずに仕掛けてきた局面。

振り飛車らしく

先手中飛車で膠着した局面。振り飛車らしい手は。

右四間の受け2

囲いあった局面。振り飛車の狙いを防ぐ。

7筋攻めには

右四間穴熊VS四間飛車。相手が7筋に振り直して攻めてきた場合

対矢倉引き角

振り飛車が攻めている局面。

三間飛車の華麗な捌き

先手中飛車から三間に振り直して銀を進めたところ。 うまい捌きがある。

中飛車の捌き

銀を交換したが居飛車の成り込みが見えている。上手く捌けば有利になるところだが。

対四間飛車穴熊:仕掛け後の銀の捌き

居飛穴△5四銀型で△6五歩の仕掛け

金を狙う桂打ち

石田流で飛車交換に成功したあと、金を狙って桂を打たれたところ。

後手居飛穴入門

対四間飛車で居飛穴に組んでみたところ。ここで6筋に構わず△9九角成としたところまでは良かったのだけど。

△中飛車左穴熊

今度は自分が後手で穴熊側。後手なのになぜか中飛車左穴熊に。 後手優勢だけれど対局中はもうダメだ〜という気持ち。

居飛穴に詰めろをかける

三間飛車VS居飛穴(自分が三間側)。上手く捌いて一気に穴熊を崩したものの、最後の詰めがわからず。

対四間▲6六歩型居飛穴に△4四銀型

後手からの仕掛け。頻出。

後手番での右四間振り直し速攻対策

自分が後手番。 居飛穴を目指すのに対して、先手の四間飛車側が4筋に振り直して速攻を仕掛けて▲4八飛と回ってきた局面。

桂跳ねから△6五歩の仕掛け(振り飛車が角道開けてる場合)

桂跳ねから△6五歩の仕掛け(振り飛車が角道止めてる場合)

後手が桂跳ねありで△6五歩と仕掛けた局面。

VS独走銀2

6六歩▲同銀に△6五歩と再度打ってきた局面。

VS独走銀

後手が桂跳ねなしで△6五歩と仕掛けた局面。

居飛穴の序盤:類題多数…

居飛穴の序盤。よくある▲4五歩に対して。

角のラインで飛車を狙われたら

角換わりであっさり▲5五角から馬を作ったものの飛車を狙われてピンチの局面。 飛車を逃げながら歩突きを受ける手は。

重要な歩の手筋

ゴキゲン中飛車で銀を調子良く進めたが、角を追われている局面。

▲6六銀からの7筋攻めには

四間飛車側は攻撃的な▲6六銀型、しかも相手が先手なので攻めが速い。不十分な体勢でいきなり7筋を仕掛けられた局面。

飛車取りVS金取り

ゴキゲン中飛車VS先手居飛穴でよくある▲8六角からの▲5三歩。この局面での対応は。

飛車を振り直されたら

居飛車が飛車を5筋に振り直した局面。

穴熊なら攻めから考える

飛車2枚渡して角2枚+銀を取る、居飛穴で良くある進行。 端攻めは嫌味だが、角のニラミもないので一気に潰れることはない。 潰れないなら攻めて手番を握る。

受けると攻めが厚くなる

銀を逃げると飛車打ちがあり、攻め駒が増える一方。先に詰めろをかけるには。

桂頭は急所

ゴキゲン中飛車に対して角道をあけない左美濃。

端歩が突かれていない時の角の捌き

先手中飛車で7筋歩交換のあとに角頭を狙われた局面。

戦いの起こる筋に

向かい飛車から相手が右四間に振り直した場合。

攻めが成功したあと

桂取りで忙しいようだが、攻めは大成功して一方的に歩を持っている

好位置に着ける

右四間の攻めが成功しているが決め手はまだない。次に角成で飛車に当てられて忙しいように見えるが。

浮き駒が多い時は駒交換を避ける

乱戦で自陣の方が浮き駒が多いときには駒を交換しない。