元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

終盤_美濃VS舟囲い

素直に

自分が後手。ここで決め手。 ーーーー△3五桂と打って2七の地点を狙う。

2枚飛車の打ち場所

飛車角交換して桂得して優勢。 2枚飛車で攻めたいがどこに下ろすべきか。 ーーーー△6九飛が銀取りにもなって絶好。 そうでなくても△7九飛など、角による飛車2枚の両取りがかからない場所に打つ。

決め手

即詰みはないが、必至クラスの寄せ ーーーーー▲3三金!と放り込んで寄っている。 △同桂▲同桂成△同玉に▲3一龍が金を取りながら王手。その時点の持ち駒金桂。

舟囲いを正しく寄せる

ーーーーー1段目に金打ち。 金駒で飛車を弾かれないように、打たれたら困るところに先に金を打つ。

受けると攻めが厚くなる

銀を逃げると飛車打ちがあり、攻め駒が増える一方。先に詰めろをかけるには。