元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

終盤_居飛穴VS美濃

追い込んであと一息

終盤、美濃崩しから金を埋められて相穴熊のようになった局面。 ーーーー▲7一金とべったり打つ。 振り飛車の受け場所をなくすことにもつながる。 駒の補充は敵陣から可能なので。

食いつかれても

駒得して馬が急所に効いているが飛車を成り込まれて自玉が薄くなっているので受け間違うとピンチ。 ▲7七馬と引く。△6八銀を▲同馬と取れば攻めを切らせる。馬の守りは金銀三枚。

VSゴキ中 片美濃と穴熊で速度計算

金取りに対する速度計算は。 ▲6三歩成。 △5八成桂で金を取られても王手で銀を取ってから▲同金△同竜▲6八歩と進めば、金2枚と銀桂の交換で駒損だが後手玉を薄く、自玉を堅くすることが出来て飛車をさばく目処もつく。

実戦詰めろ逃れ

どうすれば助かるか。

詰み逃し…

詰むとわかっていれば易しい。

チャンスは

二枚飛車だが自陣は手薄。

居飛穴へ角桂の攻め

詰めろを受ける

攻めるか受けるか

△中飛車左穴熊

今度は自分が後手で穴熊側。後手なのになぜか中飛車左穴熊に。 後手優勢だけれど対局中はもうダメだ〜という気持ち。

居飛穴に詰めろをかける

三間飛車VS居飛穴(自分が三間側)。上手く捌いて一気に穴熊を崩したものの、最後の詰めがわからず。

穴熊なら攻めから考える

飛車2枚渡して角2枚+銀を取る、居飛穴で良くある進行。 端攻めは嫌味だが、角のニラミもないので一気に潰れることはない。 潰れないなら攻めて手番を握る。