元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

中盤_VS三間飛車

石田流本組みの弱点

石田流本組みから軽く捌きにきているが、弱点がある。 ーーーーー △9五歩と角頭を狙うのが急所で、居飛車の方が良い局面。 飛車の横利きで端を受けているようにみえて、飛車が動けば桂が取られるので飛車は動けない駒になっている。

小駒の攻め

龍を取り損なって香車を打たれたところ。 ーーーーー「大駒の攻めは受けてはじく、小駒に攻めは切らしづらいので攻め合う」金を逃げても先手の手番は続いて銀を逃げながら攻めに使う手がある。 金は取られても取り返せるので△6五桂と銀を取りながら跳ね出す…

両取り逃げるべからず

飛車の両取りが受からないが。 ーーーー △7七歩と飛車に紐をつけるのが手筋。 ▲7八角に△同歩成、と飛車を取られてもと金を作ることができる。

2枚飛車の打ち場所

飛車角交換して桂得して優勢。 2枚飛車で攻めたいがどこに下ろすべきか。 ーーーー△6九飛が銀取りにもなって絶好。 そうでなくても△7九飛など、角による飛車2枚の両取りがかからない場所に打つ。

対三間左美濃△6五歩早仕掛け1

△4三銀型の先後逆。振り飛車からすると飛車の筋を突いて桂を使いづらくしている。ここでの仕掛けは成立するか。 ーーーー △6五歩の仕掛けが成立する。 といっても振り飛車が正しく応じればなにかトクできるわけでなく互角だが、居飛車側は桂を使いづらい上…

対三間左美濃△6五歩早仕掛け2

盤面は逆(後手・居飛車が下)。後手番。 居飛車がチャンスを迎えている。 ーーーーー △6五歩と打つのが正着。 ▲同銀なら△3三角成▲同桂で飛車先突破できる。なので、▲5五銀と出てくるが△5四歩と突いて対抗する。 ▲4六銀と引けば堅くなるが居飛車が突破…

居飛車の仕掛け

角頭や5筋を狙われているがーーーーー▲2四歩△同歩▲2二歩が狙い筋。 △2二同銀は▲同角成なので取れない。△1三桂と跳ねるくらいだが▲2一歩成とと金を作ることができる。 ▲2四歩を△同飛と取ってくれれば飛車が捌けて優勢。 堅さで上回って敵陣に飛車の打…