対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

中盤_角換わり

あちょー!

後手が相掛かり早繰り銀から角交換して銀香交換で攻めてきたところ。 ーーーー部分的に覚えたいのは▲2二歩。 同金・同銀どちらでも取れないので後手は△3三香が最善で攻めが続く。この局面だと▲6五桂や▲7一角と数を足す攻めがあるので、そちらの方が最善。

4五桂に4二銀引き

ーーーーー 4五桂はねて銀を引かれて次に4四歩を見せられている場合。 ふつうに2四歩から歩交換・桂交換だと攻めがつながらない。▲6六角と打つのが狙い。

桂と3筋の攻め

ーーーー 2歩持って3筋突き捨てていたら、 ▲3三歩△同桂▲3四歩△4五桂▲同歩 で桂交換で拠点が残った上に銀取りで厳しい攻め。

5八金型で仕掛けた場合

後手番。ーーーー △3七角と香取りに打って馬を作れる。

4三金型の弱点

4四の銀に紐がつく4三金型の方が良さそうに見えるが ーーーーーー ▲2四歩△同歩▲5一角で、桂取りと▲2四角成の両狙いがある。

一歩手持ちにしたら

ーーーーー 桂頭を狙って▲7五歩から仕掛ける。 自玉の玉頭が痛むので仕掛けが成立するか慎重に。 この場合は端攻めと7三と、狙いが複数あるので

△7四歩に桂を逃げられたら

ーーーーー 普通に▲6六銀。 △8六歩に▲7三歩成△8一飛▲8六歩△同飛▲87歩△8一飛 で▲7四と、と引いて先手の攻めが成功

2歩持って△4四銀が浮いている場合の端攻め

ーーーー ▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲1二歩 と金づくりを受けるには△2二玉しかないが、▲1一角が王手銀取り

対角換わり棒銀△5四角▲3六角で玉を移動した場合

相手が玉を移動させて王手飛車のラインから逃げた場合、どうするか。

忘れたころに対角換わり棒銀△5四角▲3六角

定跡を忘れたころにやってくる角換わり棒銀。 先手一手損で実質後手正調角換わり。なので符号は先後逆で定跡に合わせて記載。 △5四角と定跡どおり打ったら▲3六角と打ち返された場合、△同角▲同歩。 このあとどうすべきか。

角のラインで飛車を狙われたら

角換わりであっさり▲5五角から馬を作ったものの飛車を狙われてピンチの局面。 飛車を逃げながら歩突きを受ける手は。