元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

中盤_相居飛車

挟撃

次に▲7四角成から成桂を取る狙いだが。 ーーーー△2二歩と打てる隙があるので打つ。 桂を逃げられてもと金で挟撃体制を作れるのが大きい。

VS棒銀。銀交換に成功したあと

相手は棒銀の構えだが先に早繰り銀で銀交換に成功したところ。 ここからどうするか。 ーーーーー飛車先が狭いのを生かして、△5四角と打って、次に△3九銀と打つのを狙う。 相手が受けなければ、▲3八飛△8三角成と馬を作れる。▲3九飛にも△8二馬と飛車を追…

相居飛車で玉頭銀

後手番。(手前が後手) 相居飛車で玉頭銀っぽく銀を出てこられてピンチ。 歩と銀があるので飛車は止められるが、どう指すのが得か。 ーーーー △3四金、と▲2三歩成で取られないように逃げる。 当然の▲2三歩成には△2七歩▲同飛△2六銀で飛車を止めることが…

角2枚+4五桂

角と銀桂二枚替えでと金を作られ駒損で自玉はボロボロ、飛車を成り込まれそうでピンチ。 ここで2枚の角を活かした攻めがある。ーーーーー ▲6四角と飛車取りに当てる。△7三歩または△7三銀で角道が止まりそうだが、そこで更に▲7一角と打つ。 飛車を狙って…

角切りの狙い筋を受ける

△7七角成▲同金となって8筋を突かれた局面。 後手の狙い筋を受けるには。 ーーーーー △8六歩▲同歩△8八歩で桂を取りつつと金を作れば角と銀桂2枚替え(しかも守りの銀桂!)+と金が作れて有利、というのが後手の狙い筋。 (逆に、相手が6八玉型で自陣が…

角で端の垂れ歩を受ける手には

早繰り銀で銀交換し、さらに端攻めで龍を作って金銀交換を果たしたところ。歩を垂らしたら角で受けてきたが。ーーーー ▲1一歩成と成り捨ててOK。 △同角に▲1二金と手番を握りながら打てる。角が△3三に逃げれば▲2二歩と垂らして確実に桂を取れる。

浮き飛車の後ろにいた銀がにょきにょき出てきた局面。ーーーー ▲6五歩と付き出し角道を開ける。

対浮き飛車棒銀?

飛車の引き場所を問われてどうするか ーーーー▲8四飛△7一金か7二金に▲8五飛と歩損を解消するか、 ▲2五飛と浮いて直接8五の歩を狙うか いろいろあるところ。 単に▲2八飛は歩損の代償がない。

絶体絶命

棒銀に対して▲2二銀と引いたら、△5五角〜△2二角成▲同金から8筋を突破されそうな局面。 ーーーーー▲8五歩と飛車取りに打つ。△同飛なら▲9六角と飛車と成銀の両取りに打つのが手筋。

棒銀成功後、8筋を全力で守られたら

歩切れでどう攻めをつなげるか。ーーーーー単に△9四香と走ると歩の連打で香を取られる。 △9二香と重ねて打って歩切れの解消と端の突破を狙うのが手堅い。あるいは△8四飛と浮いて歩取りを見せる。

受けられたときでも

持ち駒豊富なので、龍を逃げずに攻める手段がある。 ーーーーー △7七銀と打つ。▲同銀なら△8九龍と入って勝勢。 玉を逃げても数で上回り攻めが続く。

単騎の桂

5三の地点を攻められる手がいろいろ見えるが。 ーーーー △5二金は悪手。▲7一角打が可能になってしまう。金がいるから数が足りてると思っても、先手からは銀を捨てて数を引き算させる攻めがある。下段に金がいる形での単騎の桂なら△6四歩と桂取りに催促し…

棒銀そのあとは

後手棒銀。(先手も棒銀だが失敗している。)△9八歩と垂らして▲8八銀と引いて受けられたときの後続手は。 ーーーーー △9一香と端に重ねて打つ。 ▲9一に角や銀を打たれる筋を消しつつ端の突破を狙う。

駒損しない受け

居飛車、相手の攻めがいきなりきつすぎじゃないですか(涙)と思うけれど、駒損せずに切らせればこちらが良い局面…。 いやーいやー。ーーーー ▲9八金と受ければ△8八角と打ち込まれても▲7八玉と上がればそれ以上の攻めはない。 あとは▲9五角から飛車を追…

スピードアップ

先後逆。と金を作らせて香損も見えているが、代償に飛車を成り込みたい。ーーーー △1八と、と端に捨てる。 ▲同香や▲同飛ならもちろん△2九飛成で、桂を取りながら成り込めて銀取りの先手。 ▲2八歩と受けるのは△2九と、と桂を取りながら銀取りに。 △3八と…

相居飛車の序盤・横歩模様

角道止めたくなくて先手に角交換してもらいたいが、先手が角交換してくれずに横歩取りになることがある。 先後逆。 ーーーー 後手から△8六歩と行く手が成立する。 △8六歩▲同歩△同飛に▲2二角成△同銀▲7五角が気になるが、△8一飛成▲5三角成と進むと、いく…

2筋がガラ空きのときの▲4五歩からの継続手

銀を逃げずに攻めをつなげるには。 ーーーー 銀を逃げずに▲2四歩と2筋を絡める。銀を取れば▲2三歩成とと金ができて攻めがつながる。 ▲2四歩△同歩なら▲2二歩が狙いの一撃。 ▲8八角がいればもっと良いが、いなくても△2二同銀なら▲4四銀と出て金銀交換…

引き角からの角交換

左美濃VS矢倉引き角。角交換を迫られているが ーーーーー▲6六角と角交換を避けて大丈夫。 角交換を避ければ後手は角を深く引くしかなく、働きが悪くなる。(後手が△6四角と引いても安定しない形なので。) 8筋は▲8八歩と受けても良いというのがソフトの…

香打ちを受ける

数を足してきたときの受けーーーー △6四香と歩の上から打つ。 争点がズレるので63の地点の数が安泰。

狙うべきは

ーーーー 桂頭は常に急所。 攻めを呼び込むようでも大駒の働きに差があって駒得しているので△7四歩と攻めを催促。 おそらく▲4五桂とか香打ちで暴れてくるが受け切れば勝ちやすい。

角が駒の前に出ているときは

ーーーーー 香車を持ってて、角が他の駒の前に出ているときは田楽刺しがある。 △8四香に▲7七角と龍に当ててきても△8九龍と逃げれば香車を取る間もなく戦果が上がる。

攻め足の速さ

先手、角得して馬を作って好調なようだがーーーーー ▲7三馬と桂を取る手の価値が高い。桂の攻め足は速く、一手△6五桂と跳ねられると途端に危険になる。 左美濃は飛車を渡してもOKとはいえ、角が捌けるまでは玉が狭いので注意が必要。

桂跳ねを咎める

金銀が偏っているところで桂を跳ねてきた局面。 歩を持っていたら・歩が必ず入る形なら、桂跳ねを咎めることを考える。ーーーー4筋攻めの最中だが、4筋で必ず歩が入るので▲7五歩と動くのが機敏。

▲角換わり棒銀で後手飛車先逆襲形

ーーーー 歩を打たれたら、次に飛車を回られる。 ▲2七歩と打たざるを得ない形は後手指しやすいので、△2四歩▲2六歩の形を維持できるように、後手が歩を打ったら▲2六歩を打てるように▲2八飛とすぐ引いた方がよい。

なにげない歩交換

先手(自分)の手番。 ▲右四間左美濃に後手が角で歩交換してきた局面。 実戦はおとなしく歩を打ったが、ここは好手があった。 ーーーーー 8筋には構わず▲4四歩と取り込む。△同銀なら▲同飛と切ってしまう。△同金▲同角と進めば、飛車と金銀二枚換えで銀香両…

銀が向かい合うとき

後手の手番。 なぜか嘘矢倉に組んでしまい(本の矢倉棒銀のところを読んでいたからか…)、そこからなぜか角を交換して玉形は薄いわ歩が伸びすぎてるわ方針がわからない将棋に。 相手の銀が「歩銀歩」の形なので、△4六歩と頭を叩いて▲同銀なら△4五歩で銀ば…

ちょっと得する?

後手の手番。 自分が後手、相掛かり棒銀の実戦。 ここで▲8八角成と手損で角交換するのがポイント。当然、同金だが壁金にさせることができて得。

6八玉型の受け方

角換わりで飛車角交換したが6八玉形が祟ってピンチな局面。 ▲4八金と引くのが最善。駒を取ると攻めが早くなる。

あちょー!

後手が相掛かり早繰り銀から角交換して銀香交換で攻めてきたところ。 ーーーー部分的に覚えたいのは▲2二歩。 同金・同銀どちらでも取れないので後手は△3三香が最善で攻めが続く。この局面だと▲6五桂や▲7一角と数を足す攻めがあるので、そちらの方が最善。

銀の捌き

後手番。△7五の銀を捌きたいーーーー △6五歩。 ▲同歩△6六歩が狙い筋。▲同銀なら△同銀▲同金△同角で金得なので▲6八金引だが、△7三桂や△6二飛で攻めがつながる。