対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

中盤_居飛穴VS四間飛車

転換中の攻めには

▲5一角と転換中に攻められた場合、角で受けるのは間に合わないが。 ーーーー△5五歩は同歩と取って、素直に応接。ただ飛車先の突き捨ては入れておく。 △2四角と飛車先を角で取られたら、角を逃げながら△3三に戻って馬を作る。飛車を龍で取られそうになっ…

VS△4四銀型

5五歩を狙う、わかりやすい攻めに対してどう応じるか。ーーーーー△5一角からの転換もあるが、この場合は4筋の突きあいを活かして△2四角と出て△4五歩と攻める手の方が有力。

金の逃げ場所

▲4五歩の仕掛け〜角交換〜桂跳ねで、金をどこに逃げるか。===== ▲6一角打〜▲3四角成と馬を作る筋が見えているので△2四金と逃げる。 あるいは狙い筋△4六歩を先に入れてもOK。

△9五歩△4三銀型で角道を開ける手には

△3二銀型に対する狙い

△9五歩△3二銀型には

対藤井システム。相手が3二銀型のまま端を詰めた場合、狙いが。

藤井システム△6三銀型で△6五歩には

藤井システム△6三銀型で△8五桂には

角をどこへ逃げるか

対藤井システム、中央で受けてから

藤井システム+△4四銀

4四銀で中央へ攻め駒を足す手には。

藤井システムの仕掛け2

▲7八金を上がっているので条件はいいが、角筋は止めづらい。

藤井システムの仕掛けには

藤井システムの仕掛けに対して。ピンチだがどう受けるのが良いか。

角の覗き

遊んでいた角を覗いて急所の金を狙う手には。

金銀が遊び駒

駒損して小駒で攻められる展開が見えているが。

飛車交換後

先手四間飛車VS後手居飛穴から、変わった展開で飛車交換に。 見事な両取りをかけられているがどう指すべきか。

振り飛車の押さえ込み

金銀交換でほんの少し駒得しているが飛車角が押さえ込まれそうな局面。

チャンスは

二枚飛車だが自陣は手薄。

居飛穴へ角桂の攻め

守るか攻めるか

飛車を取りきったが自陣はと金を作られて攻め込まれている局面。

自玉と相手玉と

好調に攻めているが。

攻め込まれても

馬が近寄って怖い局面。△8八銀には▲同金と取れるので怖がらない。

振り穴+独走銀

角交換後、独走銀が近寄って来た場合。相手の狙いは角と銀での攻めだが。

相穴熊での角交換

いきなり序盤に角交換を挑まれたケース。

攻めるか受けるか

金を狙う桂打ち

桂2枚持ったら

さんざん繰り返してます

7筋攻めには

右四間穴熊VS四間飛車。相手が7筋に振り直して攻めてきた場合

後手番での右四間振り直し速攻対策

自分が後手番。 居飛穴を目指すのに対して、先手の四間飛車側が4筋に振り直して速攻を仕掛けて▲4八飛と回ってきた局面。

▲6六銀からの7筋攻めには

四間飛車側は攻撃的な▲6六銀型、しかも相手が先手なので攻めが速い。不十分な体勢でいきなり7筋を仕掛けられた局面。