対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

中盤_対抗形振り飛車側

角で両狙いだが

ーーーー ▲7四歩は諦めて△8六歩とか飛車先突破されないことを優先。 △7四角と取ってくれば▲5四歩と合わせるとか手が作れる。

先手中飛車で角交換後

角交換した後の方針ーーーー ▲6六歩〜▲6七銀とする。中央にも厚く、将来の桂での攻めを受け、金銀の連携も良くなる。 ▲4六角と急所のラインに打つのもあり。

振り飛車の基本

2枚銀に対抗

ゴキ中で居飛車が2枚銀で中央を狙ってきたところ。ーーーー △6三銀と上がって金美濃に組み替えつつ中央を厚くする。 ▲5五銀なら△6五歩と突いて、5五の地点を取り返せる。

ゴキ中3筋交換から

3筋歩交換のあと、桂頭をがっちり守られたところ。どこから手を作るか。 ーーーー△3八歩と垂らして、と金作り。

超速銀対抗・△6五銀〜△7六銀の後続手

△6五銀と打って△7六銀で歩を取ってから桂交換したところ。 銀を逃げる必要がなければ次の狙いは。

超速銀対抗VS二枚銀+▲4五桂

2九飛+1七歩型での▲4五桂には。

超急戦拒否△3二金型

手は広いところ。

位取り中飛車の基礎

先手が▲7七銀と上がったところ。

ゴキゲン中飛車VS原始棒銀で3筋攻め

ゴキゲン中飛車▲4七銀▲3七桂型

先手の角道が▲7七桂で止まっていて、角を使うには端に出るしかないし、△6四歩で一旦止まるので条件が良い。

中飛車の振り方

桂跳ねの攻めには

銀を出ずに桂を跳ね出したところ。

お互い囲い合って

中飛車の分岐点。どう指すか。

居飛車持久戦に

居飛車が▲7七角と上がったところ。持久戦を明示する手だがどう指すか。

飛車か歩か

ゴキゲン中飛車の最序盤。

桂打ち

ぱっと見あまり良くなさそうな桂打ちだが。

角交換型8筋逆襲で歩を持った時

先手中飛車に珍しい位取り拒否。角交換後、8筋を逆襲したところ。 2歩と角があると成り立つ手筋。

ノーマル四間での対急戦

ノーマル四間、相腰掛け銀で先手から歩を突かれて角道を開けさせられそうなところ。

控えて打つ

▲1一角成と成り込んだあとの継続手。 △1一香と打たれる前にどうにかしたい。

桂を起点に

居飛車が桂を起点に押さえ込む手が見えるが、どう指すか。

桂跳ねで角を狙う仕掛けに

桂跳ねで角を狙われた場合。ケースバイケースなのでよく読んで判断する。

5筋の突き返しには

5筋を突き返されたところ。同歩と取れば角交換になる。

角の打ち込み場所

角銀交換で駒得した局面。 取った角はどこで使うのがよいか。

桂を跳ねさせるか

ゴキゲン中飛車で相穴熊。歩を取ると▲同桂と跳ねてくるが

二枚銀には

先手中飛車5筋位取りに対して後手が2枚銀を目指しているところ

囲いか捌きか

囲い終わる前に居飛車が動いてきた場合。相手の角が浮いているが

早い仕掛けからの手作り

居飛車が早く仕掛けてきて角銀交換になったあと。▲5四飛で良いか。

先手中飛車 早い仕掛けには

後手が△3二玉を入れずに仕掛けてきた局面。

振り飛車らしく

先手中飛車で膠着した局面。振り飛車らしい手は。