元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

中盤_対抗形居飛車側

対石田流6三金型

ーーーー 歩を突くのでなく金を出ることで、飛車をぶつける筋を消す。この陣形で飛車交換は居飛車が悪いので、抑え込んで端の攻めを間に合わせる。

中飛車棒銀に

△中飛車が銀を6五から繰り出して歩を打ってきたところ。 ーーーー次は振り飛車から△4七成銀!と銀取りに攻めをつなぐ手がある。なので玉から離れるが▲4八金として▲4七に成る手を受ける。

対中飛車、桂頭攻め

居飛車が5筋に振り直して逆襲を狙うも桂頭を狙われてピンチだが ーーーー▲4七銀と引く手が飛車をぶつけてピッタリ。飛車を捌けば堅さを生かして戦える。

素直に

自分が後手。ここで決め手。 ーーーー△3五桂と打って2七の地点を狙う。

受けの好手

自分が後手。 素直に△同金▲同飛成はつらそうに見える。 ーーーー△7一金と飛車取りに打つのが受けの好手。 王手が先手なので銀を取るくらいだが△同金として手番は後手のまま。攻められたら飛車の方を取れば攻めが続かないので振り飛車は飛車を逃げるしかない…

VS先手中飛車。6筋に飛車を回られて銀桂がピンチのようだが。 ーーーー 構わず△7四歩と突き出す。 一直線に進むと▲6四歩(銀が取られる)△7三歩成(角を取りつつ飛車金両取り)▲6三歩成△6二と(飛車をとりつつ金取り)と手番を握り続けられるので、先…

▲6六銀型四間飛車に5筋から棒銀されたとき

自分が後手。VS▲6六銀型四間飛車。 ▲6六銀に△7四歩も入れていないし序盤失敗しすぎ。なんとか互角を保つには。 ーーーーーここは△同歩で仕方ない。 ▲同銀と進んでくるが、△6二飛と回って数を足せば突破できないので均衡を保てる。

自分が後手。 捌き合ってと金を作っているが玉から遠いので銀を取られると非常に悪くなる。 ーーーー △6三飛と銀に紐をつける。 桂を取り合う展開ならまだ戦える。

自分が後手。快調に捌かれているので形勢を悲観していたが、実際にはと金を作って居飛車有利な局面。ここでどうするか。。 ーーーー じっと香を取るか、△4二金として5三の地点を受けるのが正着。 と金がそっぽにいくようでも香を取れば受けにも使えるのが…

石田流本組みの弱点

石田流本組みから軽く捌きにきているが、弱点がある。 ーーーーー △9五歩と角頭を狙うのが急所で、居飛車の方が良い局面。 飛車の横利きで端を受けているようにみえて、飛車が動けば桂が取られるので飛車は動けない駒になっている。

角交換から

攻め込まれて悪いようだがまだまだ。ーーーーー ▲3八銀と引いて受ければ振り飛車の攻めは重いのでまだまだ戦える。▲4六銀と逃げたのが敗着。これでは銀を捌くお手伝いでハッキリ悪くなる。

対四間△5四銀

相手が角道を閉じたので思わず4筋を突いてしまったが飛車先決めているので右四間にはしづらい、というときに△5四銀型に組んで4筋逆襲を狙われたところ。これで失敗のようだがまだ互角。ーーーーー シンプルに▲6五歩と角道を開けて角交換して互角。 4筋…

角交換四間VS玉頭位取りの狙い筋

駒組みが一段落したあと、何を目指せばよいやら。ーーーー ▲9八香から▲9九飛として端攻め 金をどかして5筋に飛車を振って1歩交換 ▲4五桂から桂交換

角交換後の向かい飛車への端攻め

端攻めの狙いは。 ーーーーー △同歩▲1二歩△同香▲1一角と飛車取りに打つ。 飛車が逃げたら▲2四歩と飛車先突破を狙う。

▲3六歩に対する逆棒銀の咎め方

跳ねた桂頭を狙われ居飛車ピンチなようだが。ーーーー ▲2三歩が手筋。△同飛に▲3四角と打って居飛車の反撃成功。

小駒の攻め

龍を取り損なって香車を打たれたところ。 ーーーーー「大駒の攻めは受けてはじく、小駒に攻めは切らしづらいので攻め合う」金を逃げても先手の手番は続いて銀を逃げながら攻めに使う手がある。 金は取られても取り返せるので△6五桂と銀を取りながら跳ね出す…

両取り逃げるべからず

飛車の両取りが受からないが。 ーーーー △7七歩と飛車に紐をつけるのが手筋。 ▲7八角に△同歩成、と飛車を取られてもと金を作ることができる。

2枚飛車の打ち場所

飛車角交換して桂得して優勢。 2枚飛車で攻めたいがどこに下ろすべきか。 ーーーー△6九飛が銀取りにもなって絶好。 そうでなくても△7九飛など、角による飛車2枚の両取りがかからない場所に打つ。

対三間左美濃△6五歩早仕掛け1

△4三銀型の先後逆。振り飛車からすると飛車の筋を突いて桂を使いづらくしている。ここでの仕掛けは成立するか。 ーーーー △6五歩の仕掛けが成立する。 といっても振り飛車が正しく応じればなにかトクできるわけでなく互角だが、居飛車側は桂を使いづらい上…

対三間左美濃△6五歩早仕掛け2

盤面は逆(後手・居飛車が下)。後手番。 居飛車がチャンスを迎えている。 ーーーーー △6五歩と打つのが正着。 ▲同銀なら△3三角成▲同桂で飛車先突破できる。なので、▲5五銀と出てくるが△5四歩と突いて対抗する。 ▲4六銀と引けば堅くなるが居飛車が突破…

居飛車の仕掛け

角頭や5筋を狙われているがーーーーー▲2四歩△同歩▲2二歩が狙い筋。 △2二同銀は▲同角成なので取れない。△1三桂と跳ねるくらいだが▲2一歩成とと金を作ることができる。 ▲2四歩を△同飛と取ってくれれば飛車が捌けて優勢。 堅さで上回って敵陣に飛車の打…

4筋の飛車には

中飛車から4筋に回ったところ。後手には隙が生じている。ーーーー ▲3六銀と、銀に紐をつけながら上がる。 △4五銀が普通だが、▲8六角が飛車を狙って絶好。 △4三飛なら▲4四歩と叩き、△同歩なら▲5三角成。

分かれ道

ーーーーー △4六桂と銀桂両取りに打ち、手抜かれたら飛車の方を取る。実戦では素直に△同金と取ったが、▲同飛で飛車を捌かせて逆転。 ここまでは後手優勢だった。(と金は作っても遠くて働きが悪く、先手が銀桂交換の駒得で捌けていて位も取れていて、居飛車…

攻めの速度

先手中飛車VS△居飛穴。 先手が気持ちよく桂をさばいているが次の手は。 ーーーーー △4四歩と取られそうな歩を逃げながら、次に△4三歩成が飛車に当たるのが金が動いていない駒組みを咎めて良い手。 実戦では△8六歩と突いたが、取ってくれないと緩手になり…

銀冠4四銀型四間飛車VS松尾穴熊

ここからどう仕掛けるか。ーーーー▲2四歩と角筋を生かして仕掛ける。 △同歩に▲2五歩と継ぎ歩して△同歩▲同桂△2二角と角を追い、 ▲2四歩と桂頭を守りながら垂らす歩が厳しい。△4三飛と受けても▲2九飛と2筋に回る。 次に▲3三桂成〜▲2三歩成が厳しい。

馬で飛車を追われる展開

ーーーー ▲4四歩!の強手がある。 飛車を取られたら▲4三歩成と銀を取ってと金を作れるので飛車を渡しても戦える

5筋を合わせて▲5五角の狙い

手番は後手(上の方)。 どう応じるのが良いか。ーーーー 素直に△同歩と取る。当然▲同角と捌かれるが△9二飛と香を守れば、これ以上の攻めはない。△8六歩▲同歩と突き捨ててから△5五歩▲同角△8六飛は一瞬気持ち良いが▲8七歩と守られるとそれ以上の攻めがな…

桂を跳ねた美濃には

ーーーー △5三銀型。 振り飛車が桂を跳ねているときは振り飛車から△6五歩の仕掛けがある。 角を転換したあとには振り飛車の捌きを抑えるために▲6七金型に組む。

居飛車からの攻め筋:持ち駒角桂

ーーーー 角桂あったら、 ▲4一角(▲6三角成狙い)〜金が動いたら▲8六桂と控えて打つ ▲6二歩△同金引きに▲8六桂と控えて打つ というのが狙い筋

突き捨てた狙い

△7六銀と打つ。これが△7六歩なら▲5五角と捌けるが、△7六銀には▲8六角と出るしかない。 △4五歩と角道を通した局面は、金歩と銀の交換で駒損だが右桂を駒台に載せており、角壁が捌ければ美濃の後手玉が生きるので後手十分。