元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

中盤_右四間

対四間△5四銀

相手が角道を閉じたので思わず4筋を突いてしまったが飛車先決めているので右四間にはしづらい、というときに△5四銀型に組んで4筋逆襲を狙われたところ。これで失敗のようだがまだ互角。ーーーーー シンプルに▲6五歩と角道を開けて角交換して互角。 4筋…

2筋がガラ空きのときの▲4五歩からの継続手

銀を逃げずに攻めをつなげるには。 ーーーー 銀を逃げずに▲2四歩と2筋を絡める。銀を取れば▲2三歩成とと金ができて攻めがつながる。 ▲2四歩△同歩なら▲2二歩が狙いの一撃。 ▲8八角がいればもっと良いが、いなくても△2二同銀なら▲4四銀と出て金銀交換…

引き角からの角交換

左美濃VS矢倉引き角。角交換を迫られているが ーーーーー▲6六角と角交換を避けて大丈夫。 角交換を避ければ後手は角を深く引くしかなく、働きが悪くなる。(後手が△6四角と引いても安定しない形なので。) 8筋は▲8八歩と受けても良いというのがソフトの…

攻め足の速さ

先手、角得して馬を作って好調なようだがーーーーー ▲7三馬と桂を取る手の価値が高い。桂の攻め足は速く、一手△6五桂と跳ねられると途端に危険になる。 左美濃は飛車を渡してもOKとはいえ、角が捌けるまでは玉が狭いので注意が必要。

桂跳ねを咎める

金銀が偏っているところで桂を跳ねてきた局面。 歩を持っていたら・歩が必ず入る形なら、桂跳ねを咎めることを考える。ーーーー4筋攻めの最中だが、4筋で必ず歩が入るので▲7五歩と動くのが機敏。

なにげない歩交換

先手(自分)の手番。 ▲右四間左美濃に後手が角で歩交換してきた局面。 実戦はおとなしく歩を打ったが、ここは好手があった。 ーーーーー 8筋には構わず▲4四歩と取り込む。△同銀なら▲同飛と切ってしまう。△同金▲同角と進めば、飛車と金銀二枚換えで銀香両…

右四間の受け2

囲いあった局面。振り飛車の狙いを防ぐ。

7筋攻めには

右四間穴熊VS四間飛車。相手が7筋に振り直して攻めてきた場合

攻めが成功したあと

桂取りで忙しいようだが、攻めは大成功して一方的に歩を持っている

好位置に着ける

右四間の攻めが成功しているが決め手はまだない。次に角成で飛車に当てられて忙しいように見えるが。