元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

中盤_ゴキゲン中飛車

中飛車棒銀に

△中飛車が銀を6五から繰り出して歩を打ってきたところ。 ーーーー次は振り飛車から△4七成銀!と銀取りに攻めをつなぐ手がある。なので玉から離れるが▲4八金として▲4七に成る手を受ける。

対中飛車、桂頭攻め

居飛車が5筋に振り直して逆襲を狙うも桂頭を狙われてピンチだが ーーーー▲4七銀と引く手が飛車をぶつけてピッタリ。飛車を捌けば堅さを生かして戦える。

4筋の飛車には

中飛車から4筋に回ったところ。後手には隙が生じている。ーーーー ▲3六銀と、銀に紐をつけながら上がる。 △4五銀が普通だが、▲8六角が飛車を狙って絶好。 △4三飛なら▲4四歩と叩き、△同歩なら▲5三角成。

VSゴキ中 垂れ歩には

VSゴキ中 垂れ歩には 飛車は追われて角も使えず攻め込まれているが玉形は固く金得。 飛車を追って先手を取る▲6七金直が目につくが、飛車を追えても垂れ歩が残ってしまう。 手堅く▲5九歩と受ければ何事もない。 そもそも▲7八金▲6八金型は▲6八金が動くと▲…

銀桂の攻防

ーーーー ▲3七同銀で、と金を払う。△4五銀で桂損するように見えるが、▲3七銀がいるので▲4六歩が銀ばさみで駒損は回復できる。

振り飛車の基本

2枚銀に対抗

ゴキ中で居飛車が2枚銀で中央を狙ってきたところ。ーーーー △6三銀と上がって金美濃に組み替えつつ中央を厚くする。 ▲5五銀なら△6五歩と突いて、5五の地点を取り返せる。

ゴキ中3筋交換から

3筋歩交換のあと、桂頭をがっちり守られたところ。どこから手を作るか。 ーーーー△3八歩と垂らして、と金作り。

超速銀対抗・△6五銀〜△7六銀の後続手

△6五銀と打って△7六銀で歩を取ってから桂交換したところ。 銀を逃げる必要がなければ次の狙いは。

居飛車から見た超速銀対抗2枚銀急戦での4五桂

5五の地点で銀交換したところ。 居飛車の視点で、次に5五同角か同銀か。

超速銀対抗VS二枚銀+▲4五桂

2九飛+1七歩型での▲4五桂には。

超急戦拒否△3二金型

手は広いところ。

位取り中飛車の基礎

先手が▲7七銀と上がったところ。

ゴキゲン中飛車VS原始棒銀で3筋攻め

ゴキゲン中飛車▲4七銀▲3七桂型

先手の角道が▲7七桂で止まっていて、角を使うには端に出るしかないし、△6四歩で一旦止まるので条件が良い。

△3二飛型には

実戦を逆側から見た場合。

中飛車の振り方

桂跳ねの攻めには

銀を出ずに桂を跳ね出したところ。

お互い囲い合って

中飛車の分岐点。どう指すか。

居飛車持久戦に

居飛車が▲7七角と上がったところ。持久戦を明示する手だがどう指すか。

飛車か歩か

ゴキゲン中飛車の最序盤。

桂を跳ねさせるか

ゴキゲン中飛車で相穴熊。歩を取ると▲同桂と跳ねてくるが

中飛車の捌き

銀を交換したが居飛車の成り込みが見えている。上手く捌けば有利になるところだが。

飛車取りVS金取り

ゴキゲン中飛車VS先手居飛穴でよくある▲8六角からの▲5三歩。この局面での対応は。

桂頭は急所

ゴキゲン中飛車に対して角道をあけない左美濃。

浮き駒が多い時は駒交換を避ける

乱戦で自陣の方が浮き駒が多いときには駒を交換しない。