対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

6六銀型四間飛車でよくある仕掛けに

四間飛車上達法でもオススメなので頻出の6六銀型四間飛車で5五歩の仕掛け。 ーーーー▲同歩△同銀▲5六歩で追い返せないのは周知のとおり。 ここでは▲5四歩と垂らすのが手筋。 △4六歩なら素直に▲同歩△同銀▲同銀△同飛▲2六角と進めて狙いどおり。

振り飛車の大技

ある狙いを秘めた飛車回り。 ーーーー 振り飛車の狙いは▲3三角成!△同金または同銀▲7五飛と捌くことなので、 △5三角と引いて狙いを消しておく。

歩で攻める

居飛穴で角を覗いて飛車を引かせた局面。既に有利だが歩を使った技がかかる。ーーーー △5五歩▲同歩△5六歩と垂らすのも有力。△7八歩と垂らして△7九歩成または△7九角成を狙うのもあり。

地獄桂からの詰み

お互いわが道を行った場合、これで後手が即詰みだが ーーーー 3二の金が質駒になっていて王手で取れるので▲5二成桂△同玉▲3二龍△同銀▲5三金でどこに逃げても頭金

あちょー!

後手が相掛かり早繰り銀から角交換して銀香交換で攻めてきたところ。 ーーーー部分的に覚えたいのは▲2二歩。 同金・同銀どちらでも取れないので後手は△3三香が最善で攻めが続く。この局面だと▲6五桂や▲7一角と数を足す攻めがあるので、そちらの方が最善。

銀の捌き

後手番。△7五の銀を捌きたいーーーー △6五歩。 ▲同歩△6六歩が狙い筋。▲同銀なら△同銀▲同金△同角で金得なので▲6八金引だが、△7三桂や△6二飛で攻めがつながる。

4五桂に4二銀引き

ーーーーー 4五桂はねて銀を引かれて次に4四歩を見せられている場合。 ふつうに2四歩から歩交換・桂交換だと攻めがつながらない。▲6六角と打つのが狙い。

桂と3筋の攻め

ーーーー 2歩持って3筋突き捨てていたら、 ▲3三歩△同桂▲3四歩△4五桂▲同歩 で桂交換で拠点が残った上に銀取りで厳しい攻め。

5八金型で仕掛けた場合

後手番。ーーーー △3七角と香取りに打って馬を作れる。

4三金型の弱点

4四の銀に紐がつく4三金型の方が良さそうに見えるが ーーーーーー ▲2四歩△同歩▲5一角で、桂取りと▲2四角成の両狙いがある。

一歩手持ちにしたら

ーーーーー 桂頭を狙って▲7五歩から仕掛ける。 自玉の玉頭が痛むので仕掛けが成立するか慎重に。 この場合は端攻めと7三と、狙いが複数あるので

△7四歩に桂を逃げられたら

ーーーーー 普通に▲6六銀。 △8六歩に▲7三歩成△8一飛▲8六歩△同飛▲87歩△8一飛 で▲7四と、と引いて先手の攻めが成功

2歩持って△4四銀が浮いている場合の端攻め

ーーーー ▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲1二歩 と金づくりを受けるには△2二玉しかないが、▲1一角が王手銀取り

龍を取るより

わかりやすい形だけれど詰みまでは読めなくて、形を決めて香の利きを相手玉で塞ぐ形にしてから手を戻して龍を取ればいいや、と思ったものの。 (これは答え書いておくまでもないなー)

転換中の攻めには

▲5一角と転換中に攻められた場合、角で受けるのは間に合わないが。 ーーーー△5五歩は同歩と取って、素直に応接。ただ飛車先の突き捨ては入れておく。 △2四角と飛車先を角で取られたら、角を逃げながら△3三に戻って馬を作る。飛車を龍で取られそうになっ…

VS△4四銀型

5五歩を狙う、わかりやすい攻めに対してどう応じるか。ーーーーー△5一角からの転換もあるが、この場合は4筋の突きあいを活かして△2四角と出て△4五歩と攻める手の方が有力。

決め手

即詰みはないが、必至クラスの寄せ ーーーーー▲3三金!と放り込んで寄っている。 △同桂▲同桂成△同玉に▲3一龍が金を取りながら王手。その時点の持ち駒金桂。

舟囲いを正しく寄せる

ーーーーー1段目に金打ち。 金駒で飛車を弾かれないように、打たれたら困るところに先に金を打つ。

角を出たあと

中央へ飛び出して飛車を追って気分はいいがーーーー▲4五銀で角を追われる手を防ぐ。他には▲3六歩と自玉のこびんをあけるが角を引く場所を作るとか…。 実戦は▲7四歩と垂らしたが、7筋に打つなら▲7三歩とダイレクトに打った方がよいとのこと。

詰み逃し局面2下段玉

これが見えないとかひどい。。ーーーー 5手詰。龍切って銀打ちから。

詰み逃し局面1中段玉

ーーーー 5手詰。 2五銀と打てば、取っても逃げても金2枚で。

穴熊詰将棋:二枚飛車

いかにも即詰みがありそうな局面。手番を渡すと△6七とが詰めろで怪しくなるので決めたいところ。==== ▲8一龍△同玉▲7二角△同玉▲6一銀△8一玉▲7二金△同銀▲同銀成△同玉▲7二金△9一玉▲8二金△同玉▲3二飛成△9一玉▲8二銀まで。

金の逃げ場所

▲4五歩の仕掛け〜角交換〜桂跳ねで、金をどこに逃げるか。===== ▲6一角打〜▲3四角成と馬を作る筋が見えているので△2四金と逃げる。 あるいは狙い筋△4六歩を先に入れてもOK。

三間から四間に振り戻し

よくある仕掛けだが、三間から四間に振り戻し、銀を受けに使う形は珍しい気が。==== △2四角と覗くと飛車取りに。飛車を逃げさせてから▲4五歩は銀で取る。

銀桂の攻防

ーーーー ▲3七同銀で、と金を払う。△4五銀で桂損するように見えるが、▲3七銀がいるので▲4六歩が銀ばさみで駒損は回復できる。

角で両狙いだが

ーーーー ▲7四歩は諦めて△8六歩とか飛車先突破されないことを優先。 △7四角と取ってくれば▲5四歩と合わせるとか手が作れる。

先手中飛車で角交換後

角交換した後の方針ーーーー ▲6六歩〜▲6七銀とする。中央にも厚く、将来の桂での攻めを受け、金銀の連携も良くなる。 ▲4六角と急所のラインに打つのもあり。

終盤のよくある寄せ

△8九成桂▲同玉と進んだところ。 よくある寄せなので閃いたがその先が読みきれず指せなかった。。

相穴熊終盤の受け

振り飛車の基本