元・対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

攻め足の速さ

先手、角得して馬を作って好調なようだがーーーーー ▲7三馬と桂を取る手の価値が高い。桂の攻め足は速く、一手△6五桂と跳ねられると途端に危険になる。 左美濃は飛車を渡してもOKとはいえ、角が捌けるまでは玉が狭いので注意が必要。

桂跳ねを咎める

金銀が偏っているところで桂を跳ねてきた局面。 歩を持っていたら・歩が必ず入る形なら、桂跳ねを咎めることを考える。ーーーー4筋攻めの最中だが、4筋で必ず歩が入るので▲7五歩と動くのが機敏。

5筋を合わせて▲5五角の狙い

手番は後手(上の方)。 どう応じるのが良いか。ーーーー 素直に△同歩と取る。当然▲同角と捌かれるが△9二飛と香を守れば、これ以上の攻めはない。△8六歩▲同歩と突き捨ててから△5五歩▲同角△8六飛は一瞬気持ち良いが▲8七歩と守られるとそれ以上の攻めがな…

桂を跳ねた美濃には

ーーーー △5三銀型。 振り飛車が桂を跳ねているときは振り飛車から△6五歩の仕掛けがある。 角を転換したあとには振り飛車の捌きを抑えるために▲6七金型に組む。

▲角換わり棒銀で後手飛車先逆襲形

ーーーー 歩を打たれたら、次に飛車を回られる。 ▲2七歩と打たざるを得ない形は後手指しやすいので、△2四歩▲2六歩の形を維持できるように、後手が歩を打ったら▲2六歩を打てるように▲2八飛とすぐ引いた方がよい。

居飛車からの攻め筋:持ち駒角桂

ーーーー 角桂あったら、 ▲4一角(▲6三角成狙い)〜金が動いたら▲8六桂と控えて打つ ▲6二歩△同金引きに▲8六桂と控えて打つ というのが狙い筋

なにげない歩交換

先手(自分)の手番。 ▲右四間左美濃に後手が角で歩交換してきた局面。 実戦はおとなしく歩を打ったが、ここは好手があった。 ーーーーー 8筋には構わず▲4四歩と取り込む。△同銀なら▲同飛と切ってしまう。△同金▲同角と進めば、飛車と金銀二枚換えで銀香両…

銀が向かい合うとき

後手の手番。 なぜか嘘矢倉に組んでしまい(本の矢倉棒銀のところを読んでいたからか…)、そこからなぜか角を交換して玉形は薄いわ歩が伸びすぎてるわ方針がわからない将棋に。 相手の銀が「歩銀歩」の形なので、△4六歩と頭を叩いて▲同銀なら△4五歩で銀ば…

ちょっと得する?

後手の手番。 自分が後手、相掛かり棒銀の実戦。 ここで▲8八角成と手損で角交換するのがポイント。当然、同金だが壁金にさせることができて得。

対四間△5四銀型で△6五歩▲同歩

△6五歩を▲同歩と取って△同桂とされて角交換されたところ。銀取りが残ってるし銀を逃げれば4筋突破されそう。 4筋に構わず▲6六銀が正着。後手玉の小ビンが空いているので後手はいろいろ制約がある。 △4六歩には▲5五歩で銀取り。銀が逃げれば後手飛車の…

実戦詰将棋

タップミスで飛車を取られたあと。平凡に銀を掛けても勝ちそうだが、端の位を活かした即詰みがある。 △9七角成。▲同香なら△9八金で簡単。 △9七角成に▲同玉でも△9六銀▲8八玉に△8七銀▲同玉△8六金▲8八玉△8七銀を飛車の横利きで▲同金とは取れないので詰…

突き捨てた狙い

△7六銀と打つ。これが△7六歩なら▲5五角と捌けるが、△7六銀には▲8六角と出るしかない。 △4五歩と角道を通した局面は、金歩と銀の交換で駒損だが右桂を駒台に載せており、角壁が捌ければ美濃の後手玉が生きるので後手十分。

食いつかれても

駒得して馬が急所に効いているが飛車を成り込まれて自玉が薄くなっているので受け間違うとピンチ。 ▲7七馬と引く。△6八銀を▲同馬と取れば攻めを切らせる。馬の守りは金銀三枚。

6八玉型の受け方

角換わりで飛車角交換したが6八玉形が祟ってピンチな局面。 ▲4八金と引くのが最善。駒を取ると攻めが早くなる。

VSゴキ中 片美濃と穴熊で速度計算

金取りに対する速度計算は。 ▲6三歩成。 △5八成桂で金を取られても王手で銀を取ってから▲同金△同竜▲6八歩と進めば、金2枚と銀桂の交換で駒損だが後手玉を薄く、自玉を堅くすることが出来て飛車をさばく目処もつく。

VSゴキ中 垂れ歩には

VSゴキ中 垂れ歩には 飛車は追われて角も使えず攻め込まれているが玉形は固く金得。 飛車を追って先手を取る▲6七金直が目につくが、飛車を追えても垂れ歩が残ってしまう。 手堅く▲5九歩と受ければ何事もない。 そもそも▲7八金▲6八金型は▲6八金が動くと▲…

6六銀型四間飛車でよくある仕掛けに

四間飛車上達法でもオススメなので頻出の6六銀型四間飛車で5五歩の仕掛け。 ーーーー▲同歩△同銀▲5六歩で追い返せないのは周知のとおり。 ここでは▲5四歩と垂らすのが手筋。 △4六歩なら素直に▲同歩△同銀▲同銀△同飛▲2六角と進めて狙いどおり。

振り飛車の大技

ある狙いを秘めた飛車回り。 ーーーー 振り飛車の狙いは▲3三角成!△同金または同銀▲7五飛と捌くことなので、 △5三角と引いて狙いを消しておく。

歩で攻める

居飛穴で角を覗いて飛車を引かせた局面。既に有利だが歩を使った技がかかる。ーーーー △5五歩▲同歩△5六歩と垂らすのも有力。△7八歩と垂らして△7九歩成または△7九角成を狙うのもあり。

地獄桂からの詰み

お互いわが道を行った場合、これで後手が即詰みだが ーーーー 3二の金が質駒になっていて王手で取れるので▲5二成桂△同玉▲3二龍△同銀▲5三金でどこに逃げても頭金

あちょー!

後手が相掛かり早繰り銀から角交換して銀香交換で攻めてきたところ。 ーーーー部分的に覚えたいのは▲2二歩。 同金・同銀どちらでも取れないので後手は△3三香が最善で攻めが続く。この局面だと▲6五桂や▲7一角と数を足す攻めがあるので、そちらの方が最善。

銀の捌き

後手番。△7五の銀を捌きたいーーーー △6五歩。 ▲同歩△6六歩が狙い筋。▲同銀なら△同銀▲同金△同角で金得なので▲6八金引だが、△7三桂や△6二飛で攻めがつながる。

4五桂に4二銀引き

ーーーーー 4五桂はねて銀を引かれて次に4四歩を見せられている場合。 ふつうに2四歩から歩交換・桂交換だと攻めがつながらない。▲6六角と打つのが狙い。

桂と3筋の攻め

ーーーー 2歩持って3筋突き捨てていたら、 ▲3三歩△同桂▲3四歩△4五桂▲同歩 で桂交換で拠点が残った上に銀取りで厳しい攻め。

5八金型で仕掛けた場合

後手番。ーーーー △3七角と香取りに打って馬を作れる。

4三金型の弱点

4四の銀に紐がつく4三金型の方が良さそうに見えるが ーーーーーー ▲2四歩△同歩▲5一角で、桂取りと▲2四角成の両狙いがある。

一歩手持ちにしたら

ーーーーー 桂頭を狙って▲7五歩から仕掛ける。 自玉の玉頭が痛むので仕掛けが成立するか慎重に。 この場合は端攻めと7三と、狙いが複数あるので

△7四歩に桂を逃げられたら

ーーーーー 普通に▲6六銀。 △8六歩に▲7三歩成△8一飛▲8六歩△同飛▲87歩△8一飛 で▲7四と、と引いて先手の攻めが成功

2歩持って△4四銀が浮いている場合の端攻め

ーーーー ▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲1二歩 と金づくりを受けるには△2二玉しかないが、▲1一角が王手銀取り

龍を取るより

わかりやすい形だけれど詰みまでは読めなくて、形を決めて香の利きを相手玉で塞ぐ形にしてから手を戻して龍を取ればいいや、と思ったものの。 (これは答え書いておくまでもないなー)