元対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。ここはコメントいただいても表示しません。

角換わり銀交換後

f:id:penguins:20191201191658p:plain


角換わり、銀交換したあとにどうするか悩むところ。
▲6六角が効いているので端攻めは出来なそう。
先手が銀を手放しているのがポイント。



ーーーーーー

重いようでも△8五銀と打ち込む。
7六の歩を守るなら▲7七金だが、△7六銀!と突っ込んで大丈夫。▲同金なら△8七飛成で大成功なので。

VS棒銀。銀交換に成功したあと

f:id:penguins:20191104232902p:plain

相手は棒銀の構えだが先に早繰り銀で銀交換に成功したところ。
ここからどうするか。



ーーーーー

飛車先が狭いのを生かして、△5四角と打って、次に△3九銀と打つのを狙う。
相手が受けなければ、▲3八飛△8三角成と馬を作れる。▲3九飛にも△8二馬と飛車を追いながら手番が続く。

中飛車棒銀に

f:id:penguins:20191104223458j:plain

中飛車が銀を6五から繰り出して歩を打ってきたところ。




ーーーー

次は振り飛車から△4七成銀!と銀取りに攻めをつなぐ手がある。

なので玉から離れるが▲4八金として▲4七に成る手を受ける。

対中飛車、桂頭攻め

f:id:penguins:20191104223152j:plain


居飛車が5筋に振り直して逆襲を狙うも桂頭を狙われてピンチだが


ーーーー

▲4七銀と引く手が飛車をぶつけてピッタリ。飛車を捌けば堅さを生かして戦える。