対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

龍を取るより

f:id:penguins:20180105005759p:plain

わかりやすい形だけれど詰みまでは読めなくて、形を決めて香の利きを相手玉で塞ぐ形にしてから手を戻して龍を取ればいいや、と思ったものの。
(これは答え書いておくまでもないなー)

広告を非表示にする

転換中の攻めには

f:id:penguins:20180104011528p:plain

▲5一角と転換中に攻められた場合、角で受けるのは間に合わないが。
ーーーー

△5五歩は同歩と取って、素直に応接。ただ飛車先の突き捨ては入れておく。
△2四角と飛車先を角で取られたら、角を逃げながら△3三に戻って馬を作る。飛車を龍で取られそうになったら馬で龍を追う。
そのために△4五歩を入れて(3三角と戻った時の)角道を開けておく。

広告を非表示にする

VS△4四銀型

f:id:penguins:20180104010355p:plain

5五歩を狙う、わかりやすい攻めに対してどう応じるか。

ーーーーー

△5一角からの転換もあるが、この場合は4筋の突きあいを活かして△2四角と出て△4五歩と攻める手の方が有力。

広告を非表示にする

決め手

f:id:penguins:20180104010104p:plain

即詰みはないが、必至クラスの寄せ
ーーーーー

▲3三金!と放り込んで寄っている。
△同桂▲同桂成△同玉に▲3一龍が金を取りながら王手。その時点の持ち駒金桂。

広告を非表示にする

舟囲いを正しく寄せる

f:id:penguins:20180104005922p:plain

ーーーーー

1段目に金打ち。
金駒で飛車を弾かれないように、打たれたら困るところに先に金を打つ。

角を出たあと

f:id:penguins:20180104003018p:plain
中央へ飛び出して飛車を追って気分はいいが

ーーーー

▲4五銀で角を追われる手を防ぐ。他には▲3六歩と自玉のこびんをあけるが角を引く場所を作るとか…。
実戦は▲7四歩と垂らしたが、7筋に打つなら▲7三歩とダイレクトに打った方がよいとのこと。

広告を非表示にする

詰み逃し局面2下段玉

f:id:penguins:20180104002214p:plain
これが見えないとかひどい。。

ーーーー
5手詰。龍切って銀打ちから。