対抗形党の実戦次の一手

今は対抗系党をやめて居飛車党を目指してます。将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

なにげない歩交換

先手(自分)の手番。
▲右四間左美濃に後手が角で歩交換してきた局面。
実戦はおとなしく歩を打ったが、ここは好手があった。


ーーーーー
8筋には構わず▲4四歩と取り込む。△同銀なら▲同飛と切ってしまう。△同金▲同角と進めば、飛車と金銀二枚換えで銀香両取りが残り、後手支えきれない。
その後は8筋に歩が打てるのを生かして▲8三歩と飛車の頭を叩いて横利きを消す手筋がある。

  • 飛車先を叩いて横利きを消せるのは好機なので、垂らされる心配がなければ受けない手も考える。
  • 飛車と金銀二枚換えで角を▲4四へ捌くことができれば、左美濃は好調。

銀が向かい合うとき


後手の手番。
なぜか嘘矢倉に組んでしまい(本の矢倉棒銀のところを読んでいたからか…)、そこからなぜか角を交換して玉形は薄いわ歩が伸びすぎてるわ方針がわからない将棋に。




相手の銀が「歩銀歩」の形なので、△4六歩と頭を叩いて▲同銀なら△4五歩で銀ばさみ完成。
△4六歩を取れないなら▲3六銀とかわすが、▲3六歩から桂を活用することができなくなるし銀が動けばと金も作れて後手十分。

対四間△5四銀型で△6五歩▲同歩

f:id:penguins:20190112213208p:plain


△6五歩を▲同歩と取って△同桂とされて角交換されたところ。銀取りが残ってるし銀を逃げれば4筋突破されそう。




4筋に構わず▲6六銀が正着。後手玉の小ビンが空いているので後手はいろいろ制約がある。
△4六歩には▲5五歩で銀取り。銀が逃げれば後手飛車の捌きを抑えられるし▲6四歩や▲6二歩(同金引なら▲6四角と王手飛車に打つ狙いとか)など手に困らず穴熊の遠さが生きる展開にできる。

実戦詰将棋

f:id:penguins:20190106185540p:plain


タップミスで飛車を取られたあと。平凡に銀を掛けても勝ちそうだが、端の位を活かした即詰みがある。



△9七角成。▲同香なら△9八金で簡単。
△9七角成に▲同玉でも△9六銀▲8八玉に△8七銀▲同玉△8六金▲8八玉△8七銀を飛車の横利きで▲同金とは取れないので詰む。

突き捨てた狙い

f:id:penguins:20190105230337p:plain






△7六銀と打つ。これが△7六歩なら▲5五角と捌けるが、△7六銀には▲8六角と出るしかない。
△4五歩と角道を通した局面は、金歩と銀の交換で駒損だが右桂を駒台に載せており、角壁が捌ければ美濃の後手玉が生きるので後手十分。

食いつかれても

f:id:penguins:20190104212343p:plain


駒得して馬が急所に効いているが飛車を成り込まれて自玉が薄くなっているので受け間違うとピンチ。



▲7七馬と引く。△6八銀を▲同馬と取れば攻めを切らせる。馬の守りは金銀三枚。