対抗形党の実戦次の一手

将棋の棋譜ふりかえり。自分以外のもあり。正解は「続きを読む」で。

穴熊詰将棋:二枚飛車

f:id:penguins:20171209222337p:plain
いかにも即詰みがありそうな局面。手番を渡すと△6七とが詰めろで怪しくなるので決めたいところ。

====
▲8一龍△同玉▲7二角△同玉▲6一銀△8一玉▲7二金△同銀▲同銀成△同玉▲7二金△9一玉▲8二金△同玉▲3二飛成△9一玉▲8二銀まで。

金の逃げ場所

f:id:penguins:20171209220201j:plain
▲4五歩の仕掛け〜角交換〜桂跳ねで、金をどこに逃げるか。

=====
▲6一角打〜▲3四角成と馬を作る筋が見えているので△2四金と逃げる。
あるいは狙い筋△4六歩を先に入れてもOK。

広告を非表示にする

三間から四間に振り戻し

f:id:penguins:20171209215925j:plain
よくある仕掛けだが、三間から四間に振り戻し、銀を受けに使う形は珍しい気が。

====
△2四角と覗くと飛車取りに。飛車を逃げさせてから▲4五歩は銀で取る。

銀桂の攻防

f:id:penguins:20171209000420j:plain

ーーーー
▲3七同銀で、と金を払う。△4五銀で桂損するように見えるが、▲3七銀がいるので▲4六歩が銀ばさみで駒損は回復できる。

広告を非表示にする

角で両狙いだが

f:id:penguins:20171209000212j:plain

ーーーー
▲7四歩は諦めて△8六歩とか飛車先突破されないことを優先。
△7四角と取ってくれば▲5四歩と合わせるとか手が作れる。

広告を非表示にする

先手中飛車で角交換後

f:id:penguins:20171208235813j:plain

角交換した後の方針

ーーーー
▲6六歩〜▲6七銀とする。中央にも厚く、将来の桂での攻めを受け、金銀の連携も良くなる。
▲4六角と急所のラインに打つのもあり。

終盤のよくある寄せ

f:id:penguins:20170620073821p:plain
△8九成桂▲同玉と進んだところ。
よくある寄せなので閃いたがその先が読みきれず指せなかった。。

続きを読む